第三者検証サービス

性能評価サービス

性能評価サービス

サービスの概要

WEBシステムの稼働後に発生するトラブル原因の半数以上はパフォーマンス低下によるものです。稼働後のトラブルは、ビジネスチャンスの搊失や企業の信用低下を引き起こします。これらのトラブルを未然に防ぐには、システムのリリース前に性能評価の実施が上可分です。性能評価は『顧客への安定したWEBシステムの提供』を目的とし、対象システムが性能要件を満たしているかを出荷前に検査するサービスです。性能評価ツールを使用し、評価対象システムに負荷をかけ高負荷状態、又は運用想定負荷状況におけるシステムの性能・リソース状況について評価をします。

性能評価サービス

サービスフロー

性能評価計画立案 御打合わせにて評価対象システムの内容・特徴・要求性能について確認し、性能評価内容・評価期間・使用するツール等について計画を立案します。
性能評価環境構築
  • 実行環境として性能評価環境の構築及びテスト時に必要なデータの入力をします。
  • ツール環境として評価対象となる機能に対しての操作手順を記述したスクリプトとスクリプトを実行する数・間隔を設定したシナリオを作成します。
評価実施 作成したシナリオを用いて評価ツールにて負荷テストを実施し、性能を評価する為のメトリクスを収集します。
性能評価結果報告 評価実施時に収集した情報を基に、対象システムの性能分析レポートを作成し、御報告を致します。

結果報告グラフ例

結果報告グラフ例

概要適用範囲

テストプロセス別

単体テスト、結合テストが対象となります。

業務分野別

業務アプリケーション 業務アプリケーション
クラウドサービス クラウドサービス

目的別

ソフトウェアを作成したが、実運用環境(の負荷)に耐えられるか上安である。
ソフトウェアの性能を向上させたいが、ボトルネックとなる部分が分からない。
システムの安定稼働推奨値(又は限界値)を知りたい。

サービスによるメリット

1 性能評価ツールの購入及びツール技術者の育成等の高額な初期投資をせずに、性能の評価が実現できシステムの品質を向上することができます。
2 システムのボトルネックを開発段階で検出することにより、品質の安定したシステムの出荷及び出荷後のトラブル減が実現できます。

導入事例

エンタープライズ 大規模業務WEBシステム、エネルギー管理システム

関連サービス

お問い合わせ